Raised on Radio

raised on radio
Raised on Radio/Journey
アメリカ(1986)◎
AOR・ファンクロック
1.マイルドな雰囲気でコーラスがきれいでボーカル
2.リズミカルなピアノに軽快なテンポに渋いサックスでフェードアウト
3.キラキラのシンセに高音で歌い上げる部分が素晴らしい
4.イントロで分かるキラーチューン
5.まったりとファンキー
6.落ち着いていてソフトな音色なシンセの中高らかに歌い上げる
7.ブルースハープのソロで入ってそのあとごついギターに元気なバンドの音
8.しっとりとしたバラードでここでのソロはニール・ショーンのプレイの中でトップクラスに好き
9.硬く角の立ったギターリフでファンク調
10.女性のようなシンセコーラスみたいな音等シンセが様々な音を出してる
曲自体はふわふわしててボーカルが声を張るところは張る
11.スローテンポのラストを飾るエモーショナルなロックバラード

全体的緩い雰囲気の曲は多いけどバラエティに富んでいて曲はきっちりできていてとても好き
80年代のJourneyのアルバムでは1番好き
このバンドで最初から最後まできっちり聴こうと思える数少ないアルバム


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

akakad

Author:akakad
特に好きなバンド・ミュージシャン
The Vines
Asia
Dukes of the Orient
Steve Howe
Large House Satisfaction
King Gizzard & The Lizard Wizard
Motor Ace
George Telek
Manfred Mann's Earth Band
The Mark of Cain
Cold Chisel
OGRE YOU ASSHOLE
人間椅子
Plastic Tree

平沢進

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア





にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ

にほんブログ村 音楽ブログ メロディアスへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
道端の石ころの裏に - にほんブログ村

このブログはリンクフリーです